プロ直伝!部品を見るだけでメーカーを言い当てる特技を身につけるコツ

業界あるある!の遊び

消防業界の人間、特にこの道20年の夫にとって、消火器の安全ピンを見てメーカーを当てるなんて朝メシ前すぎることである。
一方の私、メーカーごとに形が違うのは知っているけどそこまで入れ込んでいるわけではない人間にとって、ひと目でメーカーを言い当てるなんて偉業である。職務経歴書に書いていい。
しかし、消火器になじみのない人にとってこの技はどの程度のものなのだろう。

【あわせて読みたい、消火器を語らせたらこの人】
ついに来た!部品を見るだけでメーカーを言い当てる消火器マニア

詳しく見てみよう

さて。
消火器には法律で決められた仕様がある。
仕様の範囲で、さまざまなメーカーがオリジナルな細工を施している。
使用手順の第一歩、「ピンを抜く」の安全ピンも、ご覧の通りメーカーによってかなり違う。

ハツタだけはすぐわかる。
ピン本体に企業のロゴマークが刻印されているから(二つの丸が重なったマークがそれ)。

覚えるコツ

この際だから、これを読んでいるあなたにもこの主要4メーカーぐらいは覚えていただこう。
それぞれの特徴は次の通り。

モリタ 1本足のごくシンプルな造り。
マルヤマ 長い1本足と、クイッと曲がった短い足を持つ。輪っかの開きが大きいのが特徴。
ハツタ 特徴はロゴマークだけで十分だろう。
ヤマト 側面に打たれた「ぬく」の文字。

他にもあるんだけど、今日は割愛する。

これであなたも消火器の安全ピンマスター。
抜け落ちたピンだけで、どの消火器から落ちたものかがすぐにわかるようになる。
あとはその特技を披露する機会を虎視眈々と狙うだけ。

【ついでに読みたい、抜け落ちたピンを戻す方法】
今度こそマスターしたい!消火器のピンの戻し方

ムダ知識の会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練

イグジットからのお知らせ

【参加者募集中!】毎月開催のランチミーティング「急ぎではないが重要なことを語る会」

PTA研修向け「防災出前講座」手で作り・頭でイメージ・目でチェックの防災ワークショップ

シェアする