SNSで交流をしなかったらInstagramのタイムラインがすこぶる心地よいヒミツの隠れ家になった

義理も果たさず、ウケも狙わない。仕事もしない。
ただ、「イイ!」と思ったものだけを集めまくった自分のInstagramが好きでしょうがない。

ここには私の感性しかない。
自己満足だけのコレクション。
好きなものを集めた宝箱。

それが私のInstagramである。

交流しないSNS

「あの人に見せたい!」とか「ブランディングの足しに」とかの、外部に対する気遣いは一切ない。
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス=インターネットを介して人間関係を構築するサービス)であるにもかかわらず、交流もほとんどない。
よそさまへの「いいね」もほとんどしない。

「SNS疲れ」という言葉がある。
楽しむために始めたSNSなのに、いつの間にか他人からどう見えるか、どう思われるかに気を取られて軽く使えなくなってしまうことだ。

私には、SNSでの発言を制限しなければならないほどではないが、「ウケるね」数やコメントが気にならないと言えばウソである。
返信のプレッシャーも多少ある。

そうやってさんざん交流しているFacebookやTwitterに比べたら、Instagramのひっそりさは別世界のようである。

交流しない使い方

積極的な交流をしないInstagramの使い方は、試験的にやっているもの。
義理もウケも介入させなかったらどうなるのか?をやってみている。
別人格を演じるつもりはなく、自分の中の一部分だけを出してみている。

ところが、たまにうっかりウケを狙った写真を上げそうになる。
知人の近況に反応しそうになる(それらは自作の弁当や他愛ない子どもの様子や活動報告であり、私の感性とは別の種類のものである)だが、よそさまとの交流は別の場所でやればよい。
FacebookやTwitterはそのために使っているのだから。

私にとってInstagramの自分のタイムラインは非常に居心地がいい。
まるで、誰にも教えていない、自分だけの秘密基地のようである(全公開してるけど)

隠れ家もある会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋
https://exit-style.com/
tel 097-585-5690

社内見学を毎週開催しています。
「所要時間45分間のイグジット社内見学ツアー」

 

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください