【よくある質問】急ぎなんですが今週中に消防点検ができますか?

「3階建ての小さなアパートなんですけど、ちょっと急ぎで点検してもらいたくて‥‥今週中にできますか?」

結論から言うと、ムリ。
しかしながら、打合せの余地はあるのでご検討いただきたい。

なぜ急いでいるのか

消防点検を急ぐ理由として考えられるのが、消防査察
消防査察というのは、雑に言うと、消防職員による火の用心チェック。
消防法に沿った管理がなされているかの確認で、立入検査とも言う。

【あわせて読みたい、消防査察に野次馬が同行する話】
実はマルサより厳しい!消防の査察に立ち会ってみる

消防車

消防署の火の用心チェックに合格しなかったら、同然ながら是正指示が出される。
不合格の項目と「早急に改善すること」かなんか書かれた書類をもらうことになる。
お役人から「消防法令違反」で「消防用設備等点検未実施」を「早急に改善」とか言われたら、そりゃ焦る。

そこであわてて消防点検をやってる業者を探すということになる。
そして、「3階建ての小さなアパートなんですけど、ちょっと急ぎで点検してもらいたくて‥‥今週中にできますか?」という問い合わせになるのではないか。

なぜムリなのか

冒頭で、慌てた問い合わせを「結論から言うと、ムリ」と切り捨ててしまったが、なぜムリなのかを説明したい。

まず、イキナリの飛び込みスケジュールを入れる余裕がない
とはいえ、これは完全にこっち側の問題である。
業務管理に余裕を持たせておけば、この手の突発案件だって引き受けられる。

もうひとつは、消防点検の予算
いくら急ぎの案件でも予算はあるはず。
予算の話もしませんか。

札束

どれくらい急げばいいのか

急ぐ理由が「消防用設備等点検未実施を早急に改善」なら、1秒を争うという話ではない。
こういっちゃナンだけど、これまでずーっとほったらかしてたんだから、今さら1秒を争う意味がどれくらいあr‥‥。
もちろん、火災の可能性はゼロではないので早くやるに越したことはないわけだが。

そこで、点検をする業者と消防署とがオトナの打ち合わせをする。
消防署側も消防法にのっとった正しい管理ができればOKなので、焦ってオジャンになるよりはしっかり腰を据えて是正に取り組んでもらった方がいいはず。

まとめ

消防査察で消防法違反と言われたら、まずは落ち着いて是正のプランニングから始めよう。
信頼できる(←ここ大事)専門家・消防設備業者に相談して、改善計画と予算を固めよう。

あなたの予算に合わせた長期的・中期的なプランを、すぐに提案してくれるのが信頼できる(←ここ大事)消防設備業者である。
もちろん、めんどくさがらずに納得できる説明をしてくれるというのもポイントである。

ご用命はこちら↓

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください