【よくある質問】スプレータイプの消火器、中身はどう処分したらいいですか?

前回までのあらすじ

スプレー式の消火器は、スプレー缶と同じ要領で捨てることができる。
お住まいの自治体のルールに従って捨てればOK。

【よくある質問】スプレー式の消火器はどうやって処分したらいいですか?

スプレー缶の捨てかた

みなさんのお住まいの自治体ではどんなルールになっているだろうか。

大分市の例「中身を使い切り穴を開けずに出して下さい」

私の住む大分市では、数年前からスプレー缶を捨てるときに穴を開けなくてもよくなった。
しかし、中身を使い切って捨てるのは今も昔も同じ。

中身の捨てかた

スプレー消火器の中身は特別なものではない。
中身は水と潤滑剤の、強化液と呼ばれる液体。

言ってみれば洗剤のようなものなので、新聞紙や古布にしみこませて可燃物として捨てればOK

ただし、スプレー消火器の中身は強いアルカリ性の液体。
処理するときは皮膚などに直接ふれないようにするのが吉。

こちらのヘンな箱も消火器で、中身はアルカリ性の強化液。
珍しいのでオモシロがって出してみた。

この動画を撮ったあと、強化液が散った周辺の雑草がことごとく枯れた。
恐るべし、強化液。

強化液は除草剤としても使える。
おおっぴらにオススメできるのかわかんないけど。

強化液を再利用したい会社

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください