3年間続けたブログを急に止めたときに下がるのは閲覧数なんかではなく自分

ずっと続けているブログを急にやめたら、閲覧数がガクンと減るのではないか?
私と同じように毎日ブログを書いているみなさん、そんな不安はないだろうか。

約3年間だいたい毎日書き続けていたブログを10日ほどストップしてみた。
3年間書き続けていたブログを急に止めたらどうなるのか?
そんな明確な課題を持って実験したわけではないが、2、3日書かない日が続いてモヤモヤしたので思い切ってやってみた。

私のブログ

3年ちょいなので、だいたい1,000記事。
前日に書いたものを翌朝アップし、SNSで通知する。
コンスタントに読まれているもの、シェアされたもの、1周年2周年のタイミングなどでリライトしながら改善を重ねている。

仕事や私生活で気づくこと、人に言いたいことは山ほどあるのでネタに困ることはない。
自分の想いをテキストで表すのは、学生時代から書き続けている日記で慣れている。
毎日ブログを書くというのは私にとって、ラクに・楽しく・オモシロくやれることなのである。

ラクに・楽しく・オモシロくとは言っても、読んでもらえなけれは張り合いがない。
やはり、閲覧数は気になる。
ずーっと続けているブログを急にやめたら、閲覧数がガクッと減るのではないか?

結論

10日ほどストップしても、閲覧数はたいして変わらなかった。
日々の更新よりも、検索で読まれている方が多いということだろうか。
読まれているものはあいかわらず読まれている。

【よく読まれている記事3選】
消火器のピンが抜けちゃった(抜いちゃった)ときの対処方法
【よくある質問】消火器はどこで買えますか?(購入先とメリデメ・タイプ別オススメ度)
実はマルサより厳しい!消防の査察に立ち会ってみる

別の結果

閲覧数は変わらなかったが、別のものが大きく下がった。
それは、書く側の感度モチベーション
私の、ブログを書きたいという欲と、ネタを探すセンサーが鈍った。

ブログを書く時間を取れなかった最初の2、3日は「書きたいのに書けない!」というジレンマに焦りを感じた。
5日目ぐらいになると、閲覧数の減少を気にしつつも「今さら慌てて書いてもなー」という投げやりな諦めがわいた。

このあたりでネタ探しの感度がかなり鈍った。
1日の活動の中でトピックスを見出すことがなくなった。
いわゆる「なんにもない日」が始まった。

1週間をすぎると、これまでブログを書くためにひねり出していた時間を別のことに使うようになった。
別のことと言っても、他のもっと有意義なことに利用するのではない。
確保していた一定量の時間が、日々の生活のあれこれに分散するだけである。

世間に与える影響

私が10日やそこらブログを書かなくなったからって、誰も気づきやしない。
ヒヤヒヤしてるのは自分だけだ。

というのも、これを書いてる最中に「このブログが休載していた2か月余りで」と書いてあるブログを見かけたから。
こっちにしてみれば「え、休んでたの?」てなもんだ。

「休みます」と事前に宣言されてたら寂しく感じるのかもしれないが、事後の「休んでました」はしょせんすぎたことでしかない。
再びオモシロいブログが動き出したのなら、それでいいじゃないか。

まとめ

ブログを止めても閲覧数は変わらない。
その代わり、自分が下がる。

ナルホド!
日々の積み重ねを止めるとこうなるのか!

ブログを毎日書くのと書かないの、どっちが正解ってのはないだろう。
肝心なのは、自分はどっちがいいのかというだけ。

当然ながら、私は毎日書くほうがいい。
私の毎日がオモシロいのは、ブログを書いているからなのだ。
ブログを書くために「なんにもない日」からオモシロいものを探し、「なんにもない日」をオモシロくしていたのだ。
そりゃオモシロいほうがいいに決まってる。

だいたい毎日書く会社

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください