リスクヘッジ能力を鍛えている防災訓練屋はイベント中のハプニングをこうやって乗り越えている

いやそれにしても、私の仕事はいい。
なにがいいって、ミスったりトチったりしてもすべて「非常事態」と言えてしまうのがいい。

イベントでの失態

先日の防災訓練で、みんなで見ていた動画が途中でストップした。
動画は震災を扱ったドラマで、いままさに盛り上がろうとしているいいところだった。
それが急に止まってしまった。

一気にシラケる会場。
焦る動画担当者。
機器を操作するも、動画は再生しない。
参加者の気持ちがノッてきたところだったのに、これはマズい。

こんなときに私の仕事は実に都合がいい。
「あっ、みなさん!これはまさに非常事態です!」と言い放ち、笑いを取る。

想定外のできごと

これまでにもいろんなイベントを開催してきた。
完璧にやり終えられることなどなく、いつも大なり小なりハプニングが起こる。

しかし、私が扱っているのは防災。
ハプニングが起こるたびに「いつなにが起こるかわからないのが災害ですが、まさにこういうことですね~」なんつって平然としていられる。

そりゃもちろん、入念な下準備のうえパーフェクトなサービスを提供するのが理想的。
その理想を追求するのに余念はない。
しかし一方で、必ずいるのがリスクヘッジ。
つまり想定外のできごとへの対応力だ。

リスクヘッジのトレーニング

ビジネスにおけるリスクヘッジは重要である。
危険を予測し、問題に対して対策を施し、アクシデントに備える。
これらを怠り、リスクを抱えて危うい状況になれば、信頼をなくしてしまいかねない。

防災のジャンルでも同じことが言える。
危険を予測し、問題に対して対策を施し、アクシデントに備える。
これらを怠り、リスクを抱えて危うい状況になれば、命を落としてしまいかねない。
(失うのが命なのだから、ビジネスシーンよりももっとシビアだ)

いつも扱っている防災のおかげでリスクヘッジの感覚が鍛えられ、イベントのポカミスぐらいではまるで動じなくなった。
動画が止まるくらいの非常事態は想定の範囲内。

私の仕事が実にオトクな所以である。

なんにせよ訓練の会社

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください