「余命1年」と言われたときにしたいこと

人生がいつまでもあると思いこんでいるから、一歩を踏み出す勇気が出ないんだそうで。

「あなたの余命はあと1年ですよと診断されたらやりたいことはなんですか?」
というのを考える機会がありました。
ひめくりカレンダー

猶予はキッカリあと1年。そりゃ大変。
処理中の仕事を片づけなきゃならないし、子育てを仕上げなきゃならないし。
せっかくだからまだ見ぬ世界を見て回ろうか。
どうせあと1年で終わりなんだから、貯金も使っちゃおう。
タイに行ってみたいから前倒しで今年中に行くということに変更しよう。
死海とベーカー街とナイアガラと。南半球も体験せねば。
コドモが北海道に行ってみたいと言ってたのと、沖縄にまた行きたいと言ってたのも叶えてやりたい。
うわー、旅行ジャンルだけでも次々とわいてくるじゃないですか。
1年間のスケジュールを、抜けのないように組みなおさなきゃなりません。めんどくさ。

ちょっと待てよ。
もうあとがない最後の1年をこんなに焦ってすごさなきゃならないですか?
時間に振り回されてスカスカな人生になりそうじゃないですか?
だったら特別ボーナスみたいな消化しきれないイベントはいらないですよ。

あなたの余命はあと1年ですよと診断されたらやりたいこと。
それは「普段の生活」でした。へー、意外。

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋
株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/

Instagram

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください