安定のオチ「そうは言ってもまだまだ現役」にすがるようになったら幕を引け

40歳をすぎたら、もうイノベーションは起こせないんですってよ。

イノベーションとは

イノベーションとは、経済が発展するための技術革新。
新しい考え方、新しい切り口、新しい組み合わせ、新しい使い方など、とにかく今までにないもののこと。

そんな新しいものは若者にしか生み出せない、という話。

今回の研修の場でそういう話が出た。

今回の研修、参加者のほどんどは30〜40代。
イノベーション部門でもうすぐダメになる人たちと、もうダメになった人たち。
この話が出たとき、会場の9割がちょっと止まった。

トシの自虐ネタは安易にウケる。
そこには、「そうは言ってもまだまだ現役」みたいな安定のオチがある。
だからこそ、年齢を扱った自虐ネタはわかりやすいギャグとして使われる。

若者の無謀さ

イノベーションは若者が起こす。
経験などという積み重ねは、足かせにしかならない。

経験と知識があると、人はマトモになっていく。
わかりきったリスクなど取らなくなっていく。
ローリスクはローリターン。

成功体験や正解をあまり持っていない若者は、いわゆる怖いもの知らずの綱渡りをすることがある。
その勢いこそがイノベーションを起こす。

真にスゴい人

そうはいってもホラ、例外はあるわけで。
私なんかホラ、40すぎてから好きなことに気づいてやり始めて、今なんかホラ、好きなことしかしようとしないじゃん。

それなりの経験を持つ人がイノベーションを起こせば、もっとすごい革新になr‥‥

これこそが若者の起こすイノベーションを潰す「老害」というやつですね、ハイ。

イグジットのイノベーション担当(左)。

「前髪を切れ!」とか言わないようにしている会社

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください