【実録・交通事故】胸を強打して痙攣する人の前で救急救命講習はどれくらい役に立つのか

目の前で交通事故が起こった。
その対応で、ふだんのトレーニングの成果が明らかになった。

目の前で起こったこと

どういういきさつでそうなったものか、車が反対車線の電柱にぶつかっていた。
単独事故とは言え、場所は交通量の多い片側1車線。
しかも朝の通勤ラッシュ。
事故車両が片側1車線を占領しているため、あっという間に渋滞が起こり、両車線とも身動きができなくなってしまった。

左側の角がつぶれた事故車両はシーンとしている。
近づいて運転席のドアを開けてみる。
エアバッグの膨らんだ運転席で、男の人がぐったりしていた。
口からアワを噴いている。

運転手は、シートベルトのおかげで、ナナメではあるがかろうじて座位を保っている。
「わかりますか?」と声をかけると上体が動いた。
これって「反応している」と言えるのか?

急変

急に、男性が激しく動き出した。
座位のまま前後左右にブレる体。
胸や腕がハンドルに当たり、クラクションが何度も鳴る。
男性の半開きの目には意思が感じられず、意図的に体を動かしているようには見えない。

「救急呼んで!」
そばにいた夫に頼む。
ヨソの人ならいざしらず、夫なら119通報はお手のものだろう。
あとは任せておけばよい。

無意識に暴れる運転手は、どう見てもこのままでは危ない。
かと言ってなにかができるわけでもない。
下半身が車体に挟まれている様子はないが、うかつにシートベルトを外せば転がり出てくるかもしれない。
縦横無尽に暴れる成人男性、ヘタすればこっちの身も危ない。

「エンジン切ったほうがよくないか?」という声が耳に入る。
それもそうだと思ったが、他人の車で勝手がわからない。
ガソリンに引火→爆発!という単純な図式が浮かぶだけで、どうしようもない。

もはやこれまで。

AEDを持ってきてください!

仕事を兼ねた娯楽で、救命救急講習を定期的に受けている。

命を繋げ!ヤジ馬を巻きこんで10分間の連続胸骨圧迫にチャレンジ

おかげさまでずいぶん慣れた。
少なくとも、講習の「あなた、AEDを持ってきてください!」をなんの羞恥もなく大声で言えるぐらいにはなった。
心臓マッサージやAEDの手順で迷うことは、もはやない。

講習では。

本番では?

何度も講習を受けて慣れていても、アワを噴いて痙攣している人を目の前にしたらなんにもできない。

だってシチュエーションが講習と違うもん。
イキナリ急にだし、相手は生身の人間だし、毛布の上で横になってないし、今の状態がなんなのかわからないし、このあとどうなっていくのかわからないし、とにかく違うことだらけ。

【過去に出くわした緊急事態】

目の前で見知らぬ人が意識喪失!3週間前に受講した救急法はどう役に立ったのか

「AEDを持ってきてください!」どころではない。
ADEなんて思いつきもしなかった。
だいたい、あの近辺にAEDなんてあったんだろうか。

救急車が来るまでの数分間、なすすべのなかった我われはひたすら交通整理にいそしんだ。

どうしろというのか

「救急講習を毎年受けてます」なんて言ったって、その効果はハナクソみたいなもんである。

訓練は継続と積み重ねがポイント。
それは、スポーツでも勉強でも防災でも同じだ。
トレーニングが本番を左右する。

だからといって、非常時のために日常が圧迫されては元も子もない。
やるべきこと、やらないこと、日々続けること、たまに振り返ること、自分のニーズ。それぞれを分類しておく必要がある。

受けずにほっといたけど、消防署の上級救命講習(左上)も受講することにした。

【あわせて読みたい、救急講習の種類】

消防署の普通救命講習と赤十字の救急法講習は、なにがどう違うのか?

トレーニングする会社

出前講座もやってます

PTA研修向け「防災出前講座」手で作り・頭でイメージ・目でチェックの防災ワークショップ

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください