家庭のあらゆる場所に!子どもの自由な発想を育てるホワイトボードのススメ

ホワイトボードが大活躍

会議や講義で活躍するホワイトボード。

職場や学校の事務用品というイメージが強いが、ホワイトボードはご家庭でも重宝する。

わが家のリビングは、壁の一面をホワイトボードにしている。
一番広いホワイトボードシートを貼ったので、大人からチビッコまで全員の手が届くようになっている。

ホワイトボードを設置したその日から、家族全員が好き勝手に書くようになった。
メモ・伝言、宿題の計算、新しく習った漢字の披露、複雑な出来事の図解、不満のはけ口、営業会議、とにかくさまざまなことに使っている。
思いついたときにすぐ書けるのがホワイトボードのいいところだ。

【あわせて読みたい、ご家庭にホワイトボードを設置するときの注意】
怪奇現象!ホワイトボードの踊る文字

新たな設置

使い勝手がいいので、別の場所にもほしい。

ちょっと座ってゆっくりする場所、手持ちぶさたになりがちな場所。
体の動きが制限される代わりに頭が働き、いいアイディアが浮かんでしまう場所。
そんな場所にホワイトボードはピッタリだ。

排泄という生理現象をアレコレするトイレは、リラックスするせいか思考がまとまり、ひらめきが生まれる場所でもある。
というわけで、トイレの壁にホワイトボードシートを貼った。

すぐにこうなった

そりゃそうだよね。

ごもっとも。

誰だ、こんなのを書いたのは。
コドモなのか?それとももうひとりのオトナか?

トイレと言えばラクガキ。
そういえば昔は、公衆トイレの壁にはアイアイ傘や罵詈雑言、エロイラストなどが描かれていたものだった。

自由な発想を育てる会社

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください