オミヤゲの条件

観光地で買うオミヤゲ、どんなものがいいですか?

①その土地独特のもの。
②その土地独特のものを使って作ったもの。
③この土地といえばコレ!的な定番と化したもの。
私はこれです。

だから湯布院に行って「くまモンあります」って書いてあったけど、買わんかったです。
だって、くまモンは熊本のじゃん。
大分市から湯布院に行って、なんで熊本のキャラを買い求めねばならないのか。

キャプチャ

沖縄で売っていたオミヤゲちんすこう、製造が大分の食品会社だったので買わんかったです。
せっかくここまで来ているのに、なんで地元で製造されたものを買い求めねばならないのか。
逆輸入じゃあるまいし。

でもまてよ。
ざっと見て、湯布院に来ている観光客の半分は外国人ですよ。
初めて日本に来る外国人にとって、大分も熊本も大差ないのではないかな。
九州ってくくりすら意識されているかわかりませんよ。
だったら「湯布院で買うくまモングッズ」はおおいにアリでしょう。
どこから見るかが違うだけで、湯布院のくまモンがアリになるということですね。

カリフォルニアで「NY」って書いてあるイカしたTシャツがあったら買うかもしれんです、私。

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋
株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/

Instagram

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください