「最初の○○」をやっているあなたへ

周りにライバルがいない今こそ、全力を出せ。
誰も手の届かない高みに駆け上がるなら今だ。

参加者1名のレース

比較対象がないうちは、自分がどんな速さで走っているかを実感できない。
それはなかなかしんどいことだろう。
甘えはすぐに背後に足元に忍び寄ってくる。
だって、なにも全力でなくたっていいはず。
走っているのはあなただけなんだから、前に進んでいるだけでダントツのトップだ。
でも、その甘えを振り切って走れ。全力で。

ライバルがいない今のうちに、全力を出せ。
誰も手の届かない高みに、簡単に駆け上がれるのは今しかない。

参加者が増えたら?

ライバルが現れたとたん、あなたには2番以下の可能性が付きまとう。
さっきまでのダントツ1位、トップしかない状態ではない。
揺るがない立場など、もはや存在しない。
相手の持ち手を読み、戦略を読み、自分強みを見出して、勝てるエリアを模索しなければならない。

市場にライバルが増える予感があるなら、一番踏ん張るべきはたったひとりしかいない今。
まして、これから協力者を増やそうというのならなおさら。

全力で駆け抜けるのは、周りにライバルがいない今。

私に同業者はいない。

社内も市場の会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練

イグジットからのお知らせ

PTA研修向け「防災出前講座」手で作り・頭でイメージ・目でチェックの防災ワークショップ

シェアする