謙遜はNG!パートナーを褒められたときの模範的な返し方

「ダンナさん、イケメンですよね」
「あ、よく言われます」

せっかく褒められるのに、「そんなことありません」「いやもう全然‥‥」なんて否定することはない。

事実のみを申し上げる

私の夫はイケメンである。
一般的なイケメンの定義はわからないが、みなさんがそう言ってくださるのでイケメンなのであろう。

実際、夫はオバサマがたにモテる。
ビルのオーナーさんとかマンションの管理人さんとか管理会社の担当者さんとか、夫の好感度にハマっているお客さんはたくさんいる。
そんなとき、私は裏方に徹し、より好感度の上がる言い回しや訪問タイミングなどを画策する。

模範的な答え方

さて。
夫をイケメン認定するのはオバサマがただけではない。
その証拠に、冒頭のようなやり取りをもうあちこちでしてきている。

「ダンナさん、イケメンですよね~」

初めのころこそ答えに窮する場面もあったが、よく考えてみたら自分だってそう思っている。
夫はカッコイイ部類に入ると思っている。
日常で付き合う配偶者として、あんだけカッコよければ十分だろう。
だったら答えは肯定しかない。

「ダンナさん、イケメンですよね~」
「そうなんですよ~」

どストレートな肯定を受けて相手がひるむ瞬間もあるが、身内をけなさない態度は誰もが受け入れてくれる。

趣味は夫です。

ベストな答え方

そんなことが続くうち、だんだん肯定するのがめんどくさくなってきた。
相手の感じるイケメンと、私の感じるカッコイイは違うはず。
そのギャップにこだわり始めたら、単なる肯定に気持ち悪さを感じるようになった。

という経緯を経ての返答が、冒頭のやつだ。
「ダンナさん、イケメンですよね」
「あ、よく言われます」

自分の気持ちを偽らず、相手の好意も受け止める。
そして、夫の評価を不動のものにする。なんたって「よく言われる」んだから。
実にいい返答ではないか。

合理的な会社

公式サイトはこちら

シェアする