業界の縮図!99人の男たちに交じって受講する「火の用心講習」

防火対象物点検資格者講習というものに来ている。

防火管理点検資格者講習

防火対象物点検とは

防火対象物点検は雑に言うと、火の用心をちゃんとやってるかの検査。

火の用心なんてすべての人がやるべきだけど、法律で義務化されてる建物・人にはマジメにやってるかのチェックが義務付けられている。
チェックをする専門の人がいて、その人は当然ながら火の用心の専門家でなければならず、それが防火対象物点検資格者というわけ。

講習の会場は、大阪にある阿倍野防災センター。

大阪・阿倍野防災センターにところどころ仕掛けてある小細工がオモシロい

防火対象物点検資格者講習は、消防や防火管理、建築などの分野でそれなりの実務経験がないと受講できない、ちょっとマニアックな講習。
3日間みっちりと講習を受け、さらに4日目の修了考査に合格しなければもらえない資格である。

99人の男たち

会場にひしめく受講者はすべて男性。
女性は私ひとり。

防火管理点検資格者講習

男だらけ。

講習の定員が100名なので、理論的に男性は99人ということになる。
数えたわけじゃないが、そういうことにする。

この99名はふだんどういうことをしている人たちなんだろうか。

受講資格から察するに、彼らの正体はこのあたりだろう。
消防設備士・消防設備点検資格者
防火管理者
建築士
建築関係・消防関係の公務員

スーツ&ネクタイの人もいれば、毛玉セーターとジーンズで休日のオジサン的な人もいる。
作業着の人も見受けられるし、消防職員っぽい人もいる。

彼らはたとえ近い席に座ってもあいさつひとつ交わさない。
しかし、休憩のたびに「あっ、どうも。お世話になります」なんて電話してるとこ見ると、いずれ名のある中堅どころに違いない。

求む!防火消防

男女比9対1だと休憩時間に女子トイレが混まなくて大変ありがたい。

しかしながら、これが消防業界の縮図だと思うといかがなものか。
業界へのさらなる女性進出を促したい。

【あわせて読みたい、女の強み】

得か?損か?ガテン系の現場で女が仕事をするということ。

防火対象物点検も承る会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練

イグジットからのお知らせ

【参加者募集中!】毎月開催のランチミーティング「急ぎではないが重要なことを語る会」

PTA研修向け「防災出前講座」手で作り・頭でイメージ・目でチェックの防災ワークショップ

シェアする