「強く押すメガネ」はもはや時代遅れ!洗練され続けるデザイン

「強く押す」部品でメガネができる

こういうものがあるから、

こういうことができる。

非常ボタンの保護カバーで「強く押すメガネ」を作る理由

「強く押す」の部分は消耗品である。

黒くなってもメガネはできる

しかし、世の中は変わっていく。
技術は進歩し、工夫が追加されていく。

押しても割れない、何度でも使えるタイプにリニューアル。

それでもまだ、こういうことができる。

入手困難!「強く押すメガネ」サングラスバージョンのレア度が99.8%である理由

ここいらが潮時か

しかし、世の中は変わり続ける。
技術はさらに進歩し、デザインは洗練されていく。

最近の「強く押す」は四角い。

「強く押す」が最初っから四角いデザインだったら、私が強く押すメガネを思いつくこともなかっただろう。

昭和生まれの会社

公式サイトはこちら

シェアする

コメント

  1. […] 「強く押すメガネ」はもはや時代遅れ!洗練され続けるデザイン […]