警察を装った男女が留守番中の子どもを訪ねて家族構成を聞き取る事案が発生したら

留守番をしていた子どもが「警察の人が来て、名前とか聞かれた」なんて言ったら、疑うべきは身内の不始末なんかではなく不審者の訪問である。

警察を装った男女

県警の情報配信メールでは、「特殊詐欺被害の発生」や「不審者情報」などの注意喚起がしょっちゅう届く。
先日なんか「警察を語るアポ電に注意」があったばかりだ。

そんなとき、子どもから「警察の人が来て、名前とか聞かれた」なんて聞いたら不審者を疑うのが人情というものだろう。
名前の漢字や「他にも兄弟はいるの?」なんてのも聞かれたというじゃないか。怪しすぎる。

幸いにも今回は本当の巡回訪問だったわけだが、こんなに疑われたんじゃ警察の人もやりにくいことだろう。
大変なご時世である。

疑わないパターン

ちょっと待てよ?
やって来たのが警察だったから即座に不審を感じたわけだけど、これが消防だったらどうだ?

みじんも疑わず、最初っから丸ごと信じちゃうんじゃないか私。
イグジットが「消防署の方から来ました」に騙されたら、ネタとしてはおいしいが大きいものを失ってしまう気がする。

消防署からかかってくる電話がうさんくさい理由を私の経験から述べる

ちょっと待て。
身びいきしている消防だからこそ、そう簡単には騙されないんじゃないか?
いやいや、自分は大丈夫!と思っている人こそ騙されてしまうのか?

【あわせて読みたい、消防をひいきする記事】

頼りになるのはどっち?消防と警察を比べてみる

警察のお世話になる会社

公式サイトはこちら

シェアする