図解!なにかを始めるとき、「できなかったらどうしよう」と悩むのはバカげている

やるやらないかを決めるとき、「できなかったらどうしよう」と悩むのはバカげているという話をする。

二択

やるやらないか。
選ぶのはあなた自身。
やりたければやる、やりたくなければやらないを選べばいい。
選択肢はたったの2つ。

そうだ。
選択肢は2つしかないのだ。

それなのに、あなたは新しい選択肢「できなかったら」を検討している。
ありもしない選択肢を検討するなんて、時間のムダだ。

やったあとに悩め

やるやらないかを決めるとき、「できなかったらどうしよう」なんて検討しなくていい。
できるできないの分かれ道は、やるを選んだ先にある。
だからいまは、四の五の言わずにやるを選び、進めばいい。

ちなみに、やらないの道は行き止まりだ。そこから先はない。
行き止まりの先にはできる・できないの選択肢なんて存在しない。
つまり、なんだかんだ言って結局やらない人が「できなかったらどうしよう」と悩むのはこのうえなくムダな行為なのである。

道は自分が選ぶ

さて。
やるの道を選び、できる・できないの岐路に立ったときは、いよいよ正式に「できなかったらどうしよう」を心配しなければなるまい。

しかし、ちょっと待て。
どっちに行くか?はどうやって決まるんだろうか。
誰かの指示?命令?運?

これまで進んできた、やるの道を選択したのはあなた自身だったはず。
いつだって道を選ぶのは自分自身だ。

あなたはできるできない、どちらの道を選びたいだろうか?
どっちを選んだって正解だし自由だし、誰にも文句は言われない。
好きな方を選んでまっしぐらに突き進めばいい。

さぁ。
できるできない、どっちを選ぶ?

「うまくいかなかったらどうしよう」と心配している人へ

まとめ

やるやらないかを決めるとき、「できなかったらどうしよう」と悩むのはバカげている。

だって、あなたが進みたいのはやるできるの道だ。
とりあえずやれ。まずやれ。
あとはできるようにしていけばいい。

バカげたことでは悩まない会社

公式サイトはこちら

シェアする