ルンバも乾燥機も生協もあるのに、それでも家事がメンドクサイ理由

家電はあるのに

家事が負担だ。

家事はキライではない。
しかし、やらずに済むならそれに越したことはない。
カネで解決できるなら、仕事にいそしんで稼いだカネを家事代行に貢ぎたい。

生協を注文し、ロボット掃除機を導入し、乾燥機を購入したが、それでもまだ家事に負担を感じている。
決してキライではないのに、なぜこうも家事は大変なのか。

留守中に掃除してくれるルンバ。それでも家事はメンドクサイ。

家事が大変な理由

なぜ家事は大変なのか。
家事の負担はどこにあるのか。

私が家事をやりたくないと感じるときを挙げてみる。

  • 献立が決まってないとき
  • 家事の作業手順があいまいなとき
  • やるべき家事がどれくらいあるのか不明なとき
  • やってるうちに他の作業を見つけてしまうとき
  • やる・やらないの決め手がないとき

どうやらハッキリしてないのがダメらしい。

ぼんやりしたゴール

みなさんご存じの通り、曖昧なプランでは曖昧な結果しか出ない。

私は、献立が決まっていないのに食事を作り始めることがある。
そんなときは手順が前後して効率が悪く、味は決まらず、時間をかけてもロクなおかずができない。
一番困るのは、子どもが「今日のごはん、なに?」って聞いてくることだ。
献立が決まっていないのだから答えられるわけがない。作ってる最中なのに。

ゴールも決めず、やみくもに走り始める。
そんなんでいい結果が出るわけがない。
第一、どこに向かって走ればいいのだ。

家事をラクにするには

家事をラクにしたかったら、やるべきことを明確にすればいいのだ。
今日のメニューを決め、やるべきことを書き出し、どのタイミングでやるかを決める。
なんだ。仕事と同じじゃないか。

月水金の9時から掃除をするように決めたので、あとよろしく。

「なんとなく」を撲滅する会社

公式サイトはこちら

シェアする