洗濯機から出てくるものでおおよその職業がわかる説

おたくの洗濯機からはなにが出てきますか。

わが家の場合

ダントツで多いのは小銭。

10円玉

子どものポケットから出てくるのだろうが、お金は持ち主がわかりづらいからあと処理が厄介だ。

鍵もよく出てくる。

なんの鍵なのコレ。

いくらオカーサンでも、家族が持ち歩いている鍵のすべてを把握しているわけではない。
これまた持ち主を探し出すのにひと苦労。
タキゲンの200番なら、夫のものだとすぐにわかるのだが。

※タキゲンの200番
分電盤の鍵として広く普及している定番の鍵。
電気関係の仕事をする人はたいてい持っている。

夫のポケットから出てくるものは他にもある。

手放せないボールペン。
それと、点検シールに日付を書くための油性ペン。

※点検シールに日付を書く
消防点検の実施者や点検種別が記載されたシールに、実施日を追記して貼付し「点検済」を証明する。

一度洗濯された油性ペンはタチが悪い。
うっかりキャップを外すそうものなら、モレた油性インクがドバァっと出てくる。そっと捨てるが吉。

洗濯機からヒューズが出てくる家は、家族の誰かが電気関係の仕事をしているに決まってる。

公式サイトはこちら

シェアする