いまさらすぎて省略していることをあえて丁寧に説明してみる

巨額の広告費を賭けなくても手軽に発信できる時代、あらゆる業界に「公式アカウント」や「中の人」がいる。
だったら自分もプロとして発信していこう!と思いたったが、なにを発信したらいいのかよくわからないという専門業界の人もいるだろう。
そんなあなたに、「こういうのでいんじゃない?」という例をご紹介したい。

プロの知識

片づけのプロの方が、日常生活の中でのちょっとした工夫について触れていた。

あとで読むつもりの郵便物がたまって困るという人に向けた、処理をスムーズにするためのヒント。
いちいち元に戻すのをやめて、次のアクションの準備をしておくススメ。
作業のあと戻りで発生する手間と迷いを省きつつ、前に進む動線を作る工夫である。

きっかけを与える「当りまえ」

決して難しいアクションではなく、考え方の切り替えでできる生産性アップの方法だ。
すでに気づいている人にとっては「なにをいまさら」なアイディアかもしれない。

しかし、考え方の切り替えがまだの人にとっては目からウロコの手法に違いない。
「そっか!そうすればいいんだ!」となって、生活の質が向上するに違いない。
どんな「当りまえ」が新しい世界を広げるかわかったもんではない。

自分の業界に当てはめる

業界の常識は一般の非常識。
頭ではわかっていても、「当りまえ」のありがたみに気づきにくいのが我われである。

でも、私の常識を聞いて、目からウロコが落ちて生活の質が向上する人がいるかもしれない。
だったら試しに言ってみよう。


専門家の発信って、こういうのでいんじゃない?

試しに押してみたい人はこちら↓

公式サイトはこちら

シェアする