【よくある質問】初めて消防点検するんですけど、どんな感じでやるんですか?

業界の常識は一般の非常識

このテーマはブログで何度か取り上げている。

【よくある質問】「強く押す」を強く押したら消防車が来てくれるんですか?

紹介の多い業界なので、まったくのシロートさんと仕事をすることは少ない。
そのため、ほとんどの仕事はいつもの感覚で進められる。
しかし、たまにまったくのシロートさんからご依頼いただくこともある。

たとえば、
いままで一度も消防点検をしたことがないんだけど、このたび消防署の査察が入ったのでこの機会にちゃんとやりたい」
なんていうお客様からのご依頼。

え、そこから?

サクサクッと作った見積書をいつもの調子でスパーンとメール添付なんかすると、再び問い合わせをいただいたりする。
「消防点検って、なにするんですか?」

‥‥‥えーと。
自分が当たり前にやっていることを、それを全く知らない人に説明するのは難しいものである。
このほどそんな機会があり、基本に返っておさらいしたのでご紹介する。

作業内容

マンションなどの集合住宅の場合は、特に入居者の方に作業をよく理解していただきたい。
なにしろ、ヨソんちのお部屋に入らせていただかねば点検できないのだから。
そこで、建物についている消防設備の具体例を挙げて解説する。

共用部:消火器、避難器具(※)、火災受信機、火災感知器
専有部(居室内に入らせていただきます):火災感知器
※避難器具はベランダにあるため、該当する居室に入らせていただきます。
すべての消防設備の外観点検と作動試験(火災時と同等の動作確認)をします。
点検中は、非常ベルや警報の音を鳴らすことがあります。

我われにとっては聞き慣れた非常ベルの音だが、あれはそもそも緊急事態や異常を知らせる音
日常生活中に鳴ったら落ち着かないに決まってる。
我われにとっては「音の試験だから音が鳴るに決まってる」んだが、一般的には「試験=鳴る」の想定がない。

作業時間

全体の点検:約2時間(初回のみ、追加で1時間ほどかかります)
居室内の点検:1戸あたり5~10分

「自分ちの点検が終わったらすべての作業が終了!」みたいな一般的な感覚を予測しておこう。
居室の作業はほんの一部であることを伝えておかないと、「いつまでもマンション内をウロウロしてるけど、仕事の手際が悪いのかしら」なんて誤解をされかねない。ひぃぃ。

作業員

ちゃんとした人が検査してますよアピールも忘れずに。

消防設備士、消防設備点検資格者(2~3名)
※新型コロナウイルス感染予防のため、作業に従事する者は下記の対策をいたします。
・毎朝の検温(37.5℃以上は業務不可)
・作業中のマスク着用
・勤務時間中3回の手洗いを実施
・同居家族の健康チェック

【よくある質問】こんな状況なんだからマンションの消防点検は中止すべきじゃないですか?

その他

初めて消防点検が入る建物にあるのが、不備の頻発。
故障の原因や修理のプランニングをするので、現場作業が思ったよりも伸びる傾向がある。

現地の状況や設備によって、作業内容や所要時間が変更する場合があります。
消防点検で判明した不備には、改修計画と見積をご提案します。
改修作業は別途日程を調整いたします。

修理もやりますよアピールも忘れずに。

【あわせて読みたい、常識の解説】

いまさらすぎて省略していることをあえて丁寧に説明してみる

シロート目線を忘れない会社

公式サイトはこちら

シェアする