なんの問題もない

ずいぶんと早くから予定していた年末の帰省を、世間の状況を鑑みてやむなくキャンセルした。
それでもやはり旅行気分を味わいたい。
というわけで急きょお正月の宿泊先を探したが、ときは師走の後半。条件の合う宿など空いていない。
もういっそ、30・31日の2泊でもよくない?

うむ。なんの問題もない。

海岸沿いのホテルで大晦日を迎える。
いつもと同じ時間に起きて、いつもと同じように自分の目的を振り返り、一日の計画を立てる。
そうこうするうち、海の向こうに今年最後の日の出が見え始める。
大晦日に日の出を拝む。

なんの問題もない。

帰宅する途中で注文していたおせちを受け取る。
いまからあれこれ作るより、今夜はこれを食べればいいのでは?
これまた、なんの問題もない。

去年から始めた、お年玉つかみ取りイベント。
年末の込み合うATMで棒金を両替して、準備は万端。
待ちきれない子どもたちにせがまれて、大晦日だが開催する。
なんの問題もない。

小銭のつかみ取り

醜い利権争いが勃発しそうなギリギリを、全員の前向きな姿勢でなんとか回避(冷汗

元旦。
今日もいつもの時間に起床し、いつもと同じ作業をする。
子どもズを誘って初の出を見に海辺まで行ったが、雲に紛れてなかなか出てこない。
なんの問題もない。きのう立派な日の出を拝んだじゃないか。

用事を済ませて帰宅すると小腹がすいている。
大晦日におせちを食べたので、年越しそばが残っている。
ちょうどいいじゃないか。なんの問題もない。

【あわせて読みたい、やってみたらなんの問題もなかったやつ】

米を研ぐのはもうやめませんか?やめるべきは米研ぎなんかじゃないけど

なんの問題もない会社

公式サイトはこちら

シェアする