「他人の言動に傷ついてしまう人」と「なにを言われても平気な人」

「あのひと言で傷ついた」
「あんなことされると傷つく」
とかいうセリフをよく聞くけど、それってホントかなぁ?

傷つく人

ずっと前、私のことをかばってくれた人がいた。
「これまでのいろんなことで、よっしーも傷ついているんだよ」
そう言って第三者に抗議してくれた。

言ってくれと頼んだわけではないが、私の気持ちを代弁しての抗議だったのだろう。

しかし、どうもピンとこない。
せっかくかばってくれたのにアレなんだけど、ものすごく違和感がある。

感情が動くとき

そのとき気づいたんだけど、私はあんまり傷ついたりしないのではないか。

もちろん一時的に気が高ぶることはある。
アレコレと余計なお世話を言われて腹が立ったり、グッときて涙が出たりすることもある。
でもこれは、外部からの刺激に対するアレルギー反応のような、突発的なものにすぎない。

外からの刺激は「そういう人」「そういうもの」でしかない。

その瞬間は「ハラタツ!ムカツク!」と感じるが、それが慢性化することはない。
その感情がクヨクヨと長引いたりしない。

【あわせて読みたい、のんきな心境】
ことわざ「のれんに腕押し」に学ぶ、これからを生きるヒント

そういや、後悔も一時的にしかしない。
過去はすでに起こってしまった「そういうこと」でしかない。

きのうより今日がオモシロいから、明日はもっといいに違いない!って確信している。
私には「よくなっていく未来」しかない。

前と上にしか行けない会社

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください