個性ゼロ!AさんとBさんとCさん

3人登場

複数の人物が登場する例え話をするとき、登場人物を「Aさん・Bさん・Cさん」とすることがある。
あれがどうも苦手だ。

たとえば以下のような文章で。
AさんがBさんに言う。「Cさんってちょっとケチだよね」
BさんがCさんに「Aさんが、Cさんの悪口言ってたよ」と言う。
この場合、CさんはAさんに対していい感情を抱くことはないが、ではBさんに対してはどうだろうか。
BさんはCさんに、Aさんの発言をそのまま伝えているわけであるが・・・

AだのBだのCだの、どんな人物なんだかまるで見えてこない。
個性が出ないから、話の流れを注意深く拾っていかないと理解できない。

3匹ならどうだ?

もっと個性のわかりやすい描写でお願い!
例えば、イヌさん・サルさん・キジさんとか。
そうすれば頭の中にイヌ・サル・キジの図ができる。

サルがキジに「イヌがキジの悪口言ってたよ」とチクっている図。
どうだ、すぐに浮かぶだろう。
BさんがCさんに「Aさんが、Cさんの悪口言ってたよ」と比べてほしい。

得意分野の違い

しかしこれは私だけかもしれない。
現に夫はABC方式のほうがいいと言う。
なぜなら「余計な情報が入ってこないから」だ。
余計な情報を盛りこんでイメージを膨らませる私とは正反対。

ウサギさん・あわてんぼさん・吉岡さんとか、まるで違う種類のものでも構わない。
むしろその方が個性が際立って、イメージしやすい。

ABCが得意なメンバーもいる会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練

イグジットからのお知らせ

【参加者募集中!】毎月開催のランチミーティング「急ぎではないが重要なことを語る会」

PTA研修向け「防災出前講座」手で作り・頭でイメージ・目でチェックの防災ワークショップ

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください