「社長の奥さん・社長の息子の奥さん」職場で名前を呼ばれない人たち

夫婦で仕事をしているので、「社長の奥さん」とか「吉岡さんの奥さん」とか言われることがある。

呼びようがない人

前職は家族経営だったので、社内に「吉岡さん」がたくさん存在していた。
役職がある人はその役職で呼ばれていたが、特に何者でもない私は呼ばれていなかった。

そう。
「呼ばれなかった」のである。

周りの人は、呼び名の決まっていない私を呼ばないですむよう、私を避けていた。
名前を呼ぶハメにならないように、たくみに会話を調整していた。
それでもどうしても会話が行き詰ってしまったとき、私の呼び名は発音をあいまいにすることでごまかされていた。

名前では呼べないが「オイ」とぞんざいに呼ぶのもはばかられる、といった中途半端な状態だったようだ。

呼ばせる

人の名前が呼べないだなんて思春期の男女じゃあるまいし、いいトシした大人がバッカじゃないの。

とはいえ、あまりにも不便。
呼びやすくするために役名をつけることにした。
その名も「事務長」。

「事務長」は正式な役職名ではない。
事務長もなにも、事務部門は私ひとり。
ラクに呼ばせるためだけに作った、便宜上の役名である。

まったくもってくだらない話だ。

呼び名が変わる

そんな前職を退職して、今はイグジットで働いている。
イグジットに所属するようになってから、周りにいる人がずいぶん変わった。
オモシロい人ばかりになった。

オモシロい人たちは私を私として扱ってくれる。
彼らから見ると私はただの「吉岡さん」だ。
夫婦で仕事をしていることに変わりはないので、名字で呼ぶのが不便な場合もある。そんなときはもっと気安く、下の名前で呼ばれることもある。

私が「よっしー」として活動していることを知っている人は、「よっしー」と呼んでくれる。
「吉岡」からくるこの呼び名、最初はベタすぎると感じていたけど、これだけ周りが使ってくれるからすっかりお気に入りだ。

よっしーと呼ばれる

前職で私は、「社長の息子の奥さん」でしかなかった。
いや、取引先の中には私の存在すら知らない人もいたかもしれない。

今、「前職の取引先の専務」という立場の人が私のことを「よっしー」と呼んでくれる。
仕事上の取引こそないが、SNSでの交流があり、研修で同席し個人的な話をすることさえある。

数年前、この人は私のことをなんと認識していたんだろうか。
「事務の吉岡さん」だろうか。
「社長の息子の奥さん」だろうか。
そもそも、私の存在を知っていたのだろうか。

いや、以前のことなんか今さらどうだっていいのだ。
今、この人が私のことを「よっしー」と気安く呼んでくれるのを、私はとても嬉しく、光栄に思っている。

あだ名で呼び合う会社

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください