生半可な知識でモノを語るのはダメなのか。

「障害者というくくりはいったい何なのか」という、自分が感じたことをブログにした。

このブログを公開するのは勇気がいった。
自分の考えを言うだけなのに、なんで勇気が必要なのか。
これまでもさんざん、勝手にいろんなことを言ってきたのに。

躊躇する理由はきっと、「誰になにを言われるかわからないから」だろうなぁ。

「ちょっと聞きかじっただけでエラソーなこと言うんじゃないよ」とか、
「当事者でもないくせに」とか、
「害の文字なんて使うんじゃないよ」とか。

よく知らない分野について自分の考えを語る。
それが容認されていなければ、語れるのは当事者だけということになる。
当事者以外は「ヘタにさわって粗相があったら大変」とばかりに、知らん顔をすることになる。
双方がお互いを認めあう日は遠のく。

あー、そりゃイカン。
どんなテーマでも、双方が無関心になるのはイカン。

やっぱり気づいたら言うことにしよう。
生半可な知識でも語ろう。
当事者にも無関心者にもない、「生半可目線」を使おう。

配慮はいるが、遠慮はいらぬ。

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練

【近ごろよくある質問】ランキング

1位 オススメの虫刺され対策はなんですか?

虫刺されにアンパンチ!【ムヒパッチ】の使用感レビューとデメリットと対策

2位 救急講習の種類がいろいろあってわかりません

消防署の普通救命講習と赤十字の救急法講習は、なにがどう違うのか?

3位 AED(自動体外式除細動器)の箱を開けたらどうなりますか?

「扉を開けるとアラームが鳴ります」のアラームが、どんな音か知りたくないか?

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください