自分を大切に扱いつつ他人もよくなる手順

自分を大切に扱うとはどういうことなのか。
他人のことはほっといていいのか。

順番がある

①自分はどうしたいのか?
②他の人はどうか?

この順番を逆転させていはいけない。
自分が満たされていない状態で他を満たすことなどできないから。
まずは自分の思うままにせよ。

ところが、「自分の思うまま」は意外とわかりにくい。
自分の中にアンテナを張って、心の声をキャッチしなければ。

心の声は決して大きくない。
かすかなささやきのこともある。
周りのノイズにかき消されることすらある。

聴く、受け止めるという体制を持つ。
それが「自分を大切に扱う」ということ。

両者はごく近い距離にある

①自分はどうしたいのか?
②他の人はどうか?

①の次に、間髪入れず②が来るようになるとしめたもの。

人はひとりでは生きていけない。
生きていれば必ず他者とかかわる。
自分だけが満たされている状態はいずれ行き詰まる。
ワガママとかジコチューとか、そういう状態。

最初は時間がかかるかもしれない。
ある程度のトレーニングが必要かもしれない。
だけど①が充分に満たされたときには、ごく自然に②に気づく。

【続けて読みたい、こということを考えたきっかけ】「自分を満たす」ことなくして婚活はない!

婚活の結果の会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練

【近ごろよくある質問】ランキング

1位 オススメの虫刺され対策はなんですか?

虫刺されにアンパンチ!【ムヒパッチ】の使用感レビューとデメリットと対策

2位 救急講習の種類がいろいろあってわかりません

消防署の普通救命講習と赤十字の救急法講習は、なにがどう違うのか?

3位 AED(自動体外式除細動器)の箱を開けたらどうなりますか?

「扉を開けるとアラームが鳴ります」のアラームが、どんな音か知りたくないか?

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください