「こちらを立てればあちらが立たず」あなたならどう判断する?

クロスロードというカードゲームをご存知だろうか。

クロスロードは、意思決定シミュレーションの災害版。
重大な決断を迫られたときにどう判断するかを考えるゲームで、正解はない。
提示されたシチュエーションについて考えるという極めて単純なルールながら、実に奥深い。

シチュエーションは阪神淡路大震災を経験した神戸市職員のインタビューに基づいて作られている。
だから実にリアル。
そしてどのシチュエーションにキッパリとした即答がしにくいものばかり。

具合の悪い高齢者を医療体制のある避難所に残すのか、それとも電気だけは復旧した自宅へ戻すのか。
日ごろの備えのおかげで豊富な食料を持っているが、それを避難所で開けて食べるのか。
自分にとっては家族同然の大型のペットを避難所へ連れて行くのか。

どの決断も「こちらを立てればあちらが立たず」というようなジレンマを伴う。
ほんのちょっとした条件の違いで判断が逆転しそうなものばかり。
あの震災で被災した人たちは、こんな判断を迫られ続けていたのだ。
そのストレスは想像に難くない。

このゲームの趣旨はどうやって生き残るかを考えるものではない。
一緒に参加している人のさまざまな価値観を知る。それが目的だ。
それぞれの価値観の違いを乗り越えてみんなが合意に至る。そこらへんが最終目標だろうか。

提示されたシチュエーションについて考えて決断するのだが、そこで出すのは自分の意見ではない。
同じグループ内で多数意見だと思われるものを出す。
つまり、「みんながそう考えるのではないか」というものだ。

多数派は多数派の、少数派は少数派の、それぞれに判断した理由があるはず。
その理由についてディスカッションする。
どちらの意見も興味深い。

「正解がない」
これは私が消防訓練でよくふれる話だ。
訓練の司会をやっていると「こういうときはどうしたらいいんですか?」という質問を受けることがよくある。
「火事を発見したら、消火と通報とどっちを先にしたらいいですか?」とかね。

私はその質問に回答することができない。
なぜなら、些細な条件の違いで大きな差異が生まれるからだ。
正解も特効薬もない。
私にできるのは、考えるヒントとして私の持っている情報を差し出すことだけだ。

答えを持たない会社

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください