自分を納得させる「サンタクロースはいるのか?いないのか?問題」

前回までのあらすじ

わが家でも年の瀬は子どもズが浮かれる。
しかし、浮かれるのはサンタクロースからのプレゼントのせいではなく、1年間のねぎらい「お歳暮」のせい。

ものごころつく前から「サンタは実在しない」という事実を教えられる

内容も包装も、世間のクリスマスプレゼントとたいして変わらない。
要するに、企画側の納得感のために名義変更をしているだけ。

わが家の事実

ただし、サンタクロース信仰を否定しているわけではない。
だから子どもズには以下のように説明している。

サンタクロースという人はいないけど、クリスマスにちなんだプレゼントをそういうシチュエーションで贈る習慣がある

よそ様のサンタ事情にまで首を突っ込む気はない。

あと少しの違和感

だけどこの説明もちょっと違う気がするな。
「サンタクロースという人はいない」って断言してるもんな。
ここんとこ、修正しよう。

クリスマスにちなんだプレゼントを、サンタクロースが配ってくれるというシチュエーションで贈る習慣がある

で、どうかな。

理屈っぽい会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋
https://exit-style.com/
tel 097-585-5690

社内見学を毎週開催しています。
「所要時間45分間のイグジット社内見学ツアー」

 

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください