ヘタな発言はNG!「地雷地帯」で最優先なのは成果ではなく保身

イグジットでは、社内に安全な環境を作ろうとしている。

安全な環境とは

ここで言う安全な環境とは、事故やケガがないことではない。(もちろんそれは必須だが)
なにを言っても聞いてもらえるという安全のことだ。

誰がなにを言うのも自由。
極端なことを言えば、入社したばかりの社員が経営方針に意見することだって可能だ。

聞く方は、誰がなにを言ってもいいという前提のもとに話を聞く。
どこからなにが出てきても「ほほぅ」と身を乗り出して聞く。

余談だが、あえて言わないことを選択するのも本人の自由である。
したがって、「言えない」という他責な言い訳はまるで通用しない。

とは言うものの

安全な環境は、実際に取り組んでみるとなかなか難しい。

そりゃそうだ。
さっきの極端な例のように、新入社員が経営に意見するなんて、どれだけ「言ってもいいよ」と促されても言えるわけがない。言うわけがない。

なぜ言っていいのか、なぜ言うべきなのか、言うとどうなるのか。
まずはそこらへんをすべて解決してから出ないと自由な発言は出てこない。
お互いに信頼してないとダメなのだ。

そのためにイグジットでは根本会議とでも言うような、ハラを割る場をしょっちゅう設けている。
とにかく試行錯誤の連続である。

地雷地帯に口をつぐむ

私は今ある場所で、気心のしれないメンバーとひとつのプロジェクトに取り組んでいる。

こう言っちゃナンだけど、これがまたちっとも安全ではない環境だ。
ふだん比較的安全な環境で活動している私にとって、この場は地雷だらけのように感じる。
お互いが顔色を伺いながら、出方を見ながら、手探りで話を進めている。

手探りで進めている案件の中には「もっとこうしたほうがうまくいくのでは?」というものもある。
だけど、お口にチャックだ。
ここだけの付き合いで地雷を踏むなんてまっぴらだ。
地雷の影響は一瞬ではない。

今はとにかく地雷地帯のプロジェクトがつつがなく終了するのを待つだけ。
結果はそこそこでいい。
実に消極的、ことなかれ主義だ。
このいやらしさ、自分でもイヤだけど、保身は大事。

他のメンバーはどう感じているのだろうか。

 安全な職場

よく考えたらさ、以前は地雷地帯の職場にいたんだった。
決定権を持っている人のお気に召す模範解答を出すのが仕事の基本だった。
そして自分も、お気に召す模範解答を受け取る側でもあった。
なんのために働いてたんだろ、あのとき。

過去の地雷職場と今回の地雷プロジェクト、これらのおかげで安全な環境がどのくらい大事か、安全でない環境で出せる結果の限界、自分が価値を発揮できる場なんかについて痛いほどわかった。

安全な環境を作るのはラクではない。
信頼を積み上げるわけだから時間もかかる。
それでもやはり、じっくりと手間をかけて安全な環境を作っていきたい。

ご安全にの会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋
株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/

Instagram

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください