あなたんちのボロい消火器、私が引き受けましょう。

消防訓練をやるとき、ついでに古くなった消火器を回収している。

一般のご家庭用、つまり住宅用の消火器は使用期限が5年てことになっている。
5年なんてあっという間。
それどころか30年モノ、40年モノなんてのもざらに出てくるのが、住宅用消火器回収のオモシロいところ。

先日の訓練でも、一体どこにこんな消火器が眠っていたのかというような、レア感いっぱいの消火器が次々に持ち込まれた。

脱皮しかけているやつ。

安全ピンが黄色じゃないやつら。

見なれぬホースの形状、さらに自立しない丸底型。

倒すと出る泡消火器。(倒してしまった)

これらの消火器はことごとく古い。
今回一番古かったのは、最後の泡消火器。
前年の東京オリンピック熱も冷めやらぬ、1965年。
半世紀以上も前の消火器だ。
いやもうホント、どこに置いてあったんだよこんなやつ。

行き場のない古い消火器を処分する。
これも我々の使命なんじゃないだろうか。

【あわせて読みたい、使命の話】
私が「古い消火器を回収したあとに新品を買わせようとする」本当の理由

持込みなら1,000円で引き取る会社

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください