「火災感知器の仕組みはカップ焼きそばのお湯を捨てたときのシンクと同じ」というムダ知識

カップ焼きそばを作ったときのことを思い出してほしい。

カップにお湯を入れ、指定の時間が経過する。
麺が戻ったらお湯を捨てる。
お湯をシンクに流すと、シンクがベコッ!と鳴る。
そのときの話だ。

ひとり静かにカップ焼きそばを作る。
シーンとした台所に突然響く大きな音。
これまでに何度も経験しているのに、あの音には毎回ビックリさせられる。

あれは、金属が変形するときの音だ。
シンクに使われているステンレスが、お湯で熱膨張して部分的に変形する、その音だ。

ご家庭でおなじみのあの現象が、実は熱感知器にも使われているのだ。

熱感知器のしくみ

熱感知器に仕込まれているバイメタル。

「熱感知器のしくみ」という小見出しをつけたけど、細かいこと言ってもアレなんで雑に説明しよう。

要するにバイメタル。
熱膨張率の異なる2種類の金属を張り合わせたものが、感知器の中に仕込まれている。
一定の温度になると金属が変形して、その先に仕掛けられた接点を作動させる。

バイメタルはこの手の熱感知器に使われている。

焼きそばと感知器

金属の熱膨張を利用した仕組みはたくさんある。
温度計、こたつやアイロンの温度を一定に保つ仕組み、ヘアドライヤーの過熱防止など、単純で耐久性が強いためいろんな場所で応用されている。

それにしても、焼きそばのベゴッ!と火災感知器がよもや同じ仕組みであるとは。
縁は異なものである。

異業種交流の会社

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください