同姓同名を探せ!日本三大秘境の情景が織りこまれた、簡単で難解な名前

あまり知られていないが、私の名前は「峡子」である。

名づけ

この字の意味は、山と山の間、はざま、谷あい。
私が生まれた地がそのような場所だった。

標高1,000メートルを超える険しい山々のすき間に集落がある村。
人が住める場所は村のわずか4%という。数字からその辺境ぶりがうかがえる。
そんな地理的特徴から、日本三大秘境のひとつに数えられるような村で私は生まれた。

まぁ言ってみればこんな感じのとこ。
半日村(絵本ナビ)

故郷の風景を子どもの名前に織りこむ親心。
しかしだな、だからと言ってこの漢字を人名に使うのはいかがなものか。

子どもの命名って、もっとこう、大きくとか高くとか幸あれとか、そんなニュアンスでつけるもんだろうが。
それが谷あいって、どうなのそこんとこ。

 簡単なのに難解

とはいえ、珍しい名前であることは間違いない。
同姓同名どころか、この漢字を名前に使っている人にお目にかかったことがない。
(検索してみると女優とデザイナーが出てくるが、彼女たちが本名で活動しているのかどうかはわからない)

漢字そのものは中学校で習うやつなので、そう難しくない。
初めての人にも比較的スンナリと読んでいただける。
ただし、電話で説明するのにはいつも難儀する。

海峡のキョウです。あのホラ、「津軽海峡冬景色」のキョウ。

とかなんとか言っても相手の世代によっては分かってもらえない。

海峡の峡

愛媛県今治市・来島海峡にて。

えーと、山編に、「来る」の下まで突き抜けないやつ。

てな感じで、もうホント苦しい。

苦しいが、前述のとおり義務教育で習う漢字なので、このあたりで相手もなんとかわかってくれる。

書き間違い

というわけで、簡単なのに難解なこの名前。
フツーの文章ならこれだけ知ってればなんとかなるという約3,000文字、JIS第一水準にもエントリーしている漢字ではあるけれど、書き間違はよくある。
あくまでも感覚だが、他人による記述では2割くらい間違われる。

似た漢字にとかがある。
これもまぁ名づけには使われにくい、飛躍とはかけ離れた字だ。
にもかかわらず挟子とか狭子と書かれることがある。

余談だが、狂子って書かれたときはさすがにギャフンってなったね。
もう完全に違う漢字じゃん。つか、その意味どうなの。

旧字体で書かれることも。つか、旧字体なんかよく知ってるなぁ。

だからって「人の名前を間違うとはけしからん!」って憤るわけではない。
だってさ、「簡単なのに難解」って絶妙じゃん。
やろうと思ってやれるバランスじゃない気がする。

説明しにくいし書き間違いもされるけど、オイシイ名前をつけてもらったもんだなぁと思っている。

【ついでに読みたい名前の話】
まちがいなく肌身離さず一生使い倒してもらえる、奇跡の贈り物

スキマの会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋
株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/
イグジットFacebook https://www.facebook.com/exit.dsk/

ブログの更新をSNSでお知らせ

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

写真集

よっしーinstagram https://www.instagram.com/yosshi_okka/

シェアする

コメントを残す