相手の集中力を途切れさせない「上手な話し方」でこっちの集中力が途切れる件

結論から言う。

今から2つの話をします

「今から2つの話をします」で話を始めたら、あとの方の話を忘れた。

話し方のコツ

上手な話し方を身につけたい。
分かりやすい言い方をして、話を聞いてもらいたい。

聞いてもらうためには、ストレスなく聞ける話し方をすればよい。
相手の集中力が途切れないようにすればよい。

たとえば、最初にゴールを示すというやり方がある。
これから始まる話のテーマを先に言っとく。
「今から○○の話をします」

この話にかかる所要時間の見込みを言うのもいい。
「3分ほどお時間をください」

まとめて報告、なんてときはテーマがいくつあるのかを提示する。
「今から2つの話をします」

弱点

頭の中がきちんと整理されているときは、こうした話し方が功を奏する。ビリビリ効く。
しかし、「今これを話したい!」なんつって前のめりになっているときはダメだ。
そして私は前のめりでいることが多い。

現に、冒頭で述べた結論のように、ひとつ目をしゃべっているうちにあとの話を忘れてしまった。
最初に2つと提示したにもかかわらず、ひとつで終わってしまったのだ。

余談だが、夫はこの手の能力に長けている。
脳内でどのような5Sが行われているか知らないが、2つと宣言すれば2つ、3つと宣言すれば3つ、ときにはそれ以上の数でさえきちんと忘れずに話し切る。
よく忘れないもんだなぁ、と感心しながら聞いている。

対策

さて。
脳内5Sの機能していない私はどうすべきか。

「2つあります」と宣言したときに、コンテンツタイトルも一緒に公開すればよかったのではないか。
そうすれば、たとえ2つ目の話を私が忘れたとしても、相手が思い出してくれるだろう。
「さっき、○○の話もするって言ってたよ」と。

もしくは、忘却をいっそ逆手にとって「忘れちゃいました」と笑いを誘うか。
むしろ忘れることを自分に許し、3つ目のアドリブ話をひねり出す技術を磨くか。

話し方ひとつで相手に与える印象は大きく変わる。
「できる人」と思われるのか、「オモシロい人」と思われるのか。

最後までしゃべりたい会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋
株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/
イグジットFacebook https://www.facebook.com/exit.dsk/

ブログの更新をSNSでお知らせ

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

写真集

よっしーinstagram https://www.instagram.com/yosshi_okka/

シェアする

コメントを残す