防災で備えで訓練で、見過ごされがちだけど必要な本当のこと

即対応する勇気と覚悟。
防災で備えで訓練で、本当に必要なことはこれ。

どんだけ防災グッズを取り揃えても、
どんだけ消火器の使い方をマスターしても、
どんだけイメージを膨らませても、
イザそのときに適正に動けなければ意味がない。

それ、やれるの?

例えば消火器。
使い方は、これまでに参加した消防訓練で何度も聞かされている。
デモンストレーションもやっている。

だけど、鍋から火が出たとき、コードから火花が散ったとき、灰皿から煙が出たときに動けるか。
「消火器で消す」という考えが浮かぶか。
その消火器はどこから持ってくるのか。
今すぐ使うという判断を下せるか。

たぶんムリ

消火器の使い方なんて、私にとっては蛇口をひねって水を出すくらいフツーのこと。
目をつぶってたってできる簡単なこと。

でも消火の経験なんてほとんどない。
ましてや自分で発見して自分で消火したなんて皆無。
それを的確にやれる自信なんて、ない。

用意された災害

そこんとこで訓練がモノを言うわけだけど、たいていの訓練は上げ膳据え膳だ。

本日ご用意した火災は、○時○分に発生したこちらの火です。
消火にお使いいただくのはこの消火器。
では消してみましょう。

ほとんどの訓練は料理番組みたいなものだ。
誰かによってすべての準備がなされている。
あとは手順に沿って作るだけ。
でも本当はそれだけじゃないよね。

ガチの料理は生活の一部分。
予算とか在庫とか家族のハラ具合なんかを考慮したメニューの選定から始まる。
下ごしらえだっているし、足りないものの追加もいる。
事後には後かたづけだって控えている。

本当に伝えたいこと

ただし、リアルな抜き打ち訓練をやるのは現実的ではない。
ふだんの生活とのバランスだって大事だ。

だからこれだけは覚えておいてほしい。
いまあちこちで行われている訓練は、いいとこだけを切り取った断片でしかない。
これさえやっとけば大丈夫!なんて特効薬はない。
訓練で学んだことが唯一無二の正解ではない。

私が伝えていきたいのはこれ。
即対応する勇気と覚悟。
あと、死なない決意。

ちょっとマジになっちゃった会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋
株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/
イグジットFacebook https://www.facebook.com/exit.dsk/

ブログの更新をSNSでお知らせ

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

写真集

よっしーinstagram https://www.instagram.com/yosshi_okka/

シェアする

コメントを残す