集合住宅に住んでいるなら知っておくべき数の話「イザというときトッパする仕切り板の数」

スキマ時間でやれると好評の「おひとりさま消防訓練」、今回はベランダからの避難をテーマに開催した。

【参加者募集】6/9「おひとりさま消防訓練」だから1名でも開催!

ベランダからの避難

集合住宅のベランダといえば、プライバシーを守るためのあの仕切り。
ふだんは目隠しのように使っているけど、よく見たら「非常の際にはここを破って隣戸へ避難できます」と書いてある。
イザというときにブチ壊せば、避難ルートになるのだ。

ブチ破って横方向に避難したあとは、はしごで縦(下)方向に。

現実は

さて。
集合住宅のベランダでよくあるこの横並び。

ここでちょっと現実を直視してほしい。
手前のベランダから横方向に逃げるときには、一番向こう側のベランダまで行かなきゃなんない場合も考えられる。
例えば、助けを求めようと思った隣の人が留守。その隣も、その隣も留守とか。
例えば、避難はしごが向こう側の端っこにしかないとか。

そんなときは、仕切り板を1枚破ったからとてどうにもならぬ。
上の写真で言うなら、5枚の仕切り板をブチ破らねばならぬ。

えっ!?
あれを5枚!?連続で!?

そんなときの疑似体験

イグジットのベランダ避難訓練キット・トッパは、2つある。
せっかく2つあるんだったら、非常事態で予測される連続割りをやってみたいよね!

ベランダ避難訓練キット・トッパとは?

というわけで、今回の「おひとりさま消防訓練」で仕切り板の連続2枚割りに挑戦した参加者の様子をご覧いただこう。

実際にやったのは私じゃないが、やってみてわかったことがある。
連続割りは焦る!疲れる!体力つかう!
思ったよりも大変そう。

集合住宅にお住まいの方々、いま一度ご確認ください。
ベランダの避難はしごがどこにあるのか。
そして、そこへたどり着くまでに何枚の仕切り板を突破しなければならないのかを。

蹴破りたい人はレンタルページへ!

ムチャする会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋
株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/

Instagram

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください