「○○するな」は逆効果!人を動かしたいなら注意書きにはこれを加えよ

ついやってしまう心理

禁止されるとやりたくなってしまう心理現象のことを、カリギュラ現象という。
見るなとかさわるなとか、入るなとか強く押すなとか。

「押さないで下さい」と注意書き。

禁止は制止であり、ときとして不自由である。
人間、自由を奪われればストレスを感じる。
ストレスは解消したいと思うのが自然の法則。

かくして「閲覧注意」はクリックされ、「お手をふれないでください」は手垢にまみれ、「立入禁止」にひとが詰めかけ、「強く押すな」は押し破られる。

禁止の抑止力

禁止だけでは人を動かすことができない。
否定的な命令に従うのは誰しも不快なものだ。
反発心が生まれ、その障害に立ち向かおうと決起する。

「強く押すな」と言われたら最後、強く押すことしか考えられない。
弱く押すとか軽く押すとか、ましてや押さずにいるなんて、もう考えられない。
押すとどうなるのか、その先も気になる。

人を動かすもの

だがここに理由があったらどうだろう。
禁止するに至った理由が付け加えられていたらどうだろうか。

出窓に貼られた注意書き。
この「乗るな」には素直に従える。

ここに乗ることは禁止されている。
なぜなら、加重で床が割れるからだ。

ナルホド。
だったらここに乗るべきではない。

われわれはみんな、理由が欲しいのだ。
自分の行動に対する納得感が欲しいのだ。

【参考までに読みたい関連記事】
「押す」と「押すな」のせめぎあい!歓楽街の「強く押す」に手書きのオプション注意書き

押すと音が鳴る会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋
株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/

Instagram

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください