大分市の轟神社で満身創痍の鳥居が守ってくれる(んだろうか)

地震・津波に備えた避難訓練をしたい!とオーダーいただいたので、現地を下見に行ってきた。

オーダーいただいたのは、こんなオモシロい式典を企んでしまうフリースクールの先生。
【こんなイベントも承ります】ドッキリ避難訓練in卒業式

 歩くとわかる

最初は、地図上でよさげな避難ルートを探る。
広い範囲を一度に見渡せて、予想される災害を見える化することができる。

災害図上訓練・DIG

だけどやっぱり実際に見てみないとわかんないよね。
ということで、避難ルートや一時避難場所になりそうな場所を見に行った。

案の定、地図上ではイケると思ってたルートがヤバかった。
アブナイ、アブナイ。

鳥居

「とりあえず高いところへ」なら、一番近い神社がいいのでは?
災害直後に一時的に避難する場所としては、近くてすぐに行けるこの神社がよさそう。

修復あとのある鳥居

修復のあとがある鳥居をくぐる。

最初にくぐった鳥居には修理をしたあとがあった。
よっぽど古いんだろうか。

それにしても、鳥居ってこうやって修復されるんだなぁ。
なんて感心してたら、その奥の鳥居が。

修復あとのある鳥居

満身創痍。

修復あとが4か所も。

こっちの鳥居はさっきのよりも古そうだ。
石碑の説明によると30年ほど前に修復されたようだけど、錆だらけでホントに頼りにしていいのか心配になるくらい。

 とりあえず

なんにしても、ここなら高さは十分だろう。
小さな神社でお社も古そうなので、長くはいられないけど、とりあえずの逃げ場はここでいい。

急な石段を駆け上がる、運動会的な避難訓練とかどうかな。

街灯

街灯もだいぶ古い。

散策する会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋
https://exit-style.com/
tel 097-585-5690

社内見学を毎週開催しています。
「所要時間45分間のイグジット社内見学ツアー」

 

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください