お菓子のメーカーから「食いしんぼう判定」を受けていませんか

食べ切るつもりで買ったお菓子の袋がチャックシール方式だったとき、自分に食いしんぼう判定が下されたようで切ない。

一度も使われることのないチャック。

便利な袋

チャックシール方式のパッケージ袋はなにかと便利だ。
開封したあとでもチャックを閉めれば、バラになりやすいものや湿気をきらうものを元のように保存することができる。

ジップロック

キング・オブ・チャック袋。

そうなのだ。
チャックシールの袋は、保存するが前提なのだ。

 使われないチャック

食べ切るつもりで買ったお菓子の袋がチャックシール方式だったとき、使うことのないチャックに申し訳ない気持ちでいっぱいになる。
だって、チャック袋ってちょっと高いじゃん。

それでも、もともとチャックが閉じてるやつはまだいい。
開封するときにチャックを開くという行為が可能になるからだ。
出荷時の検品でチャックがきちんと閉じているかをチェックしてもらいたいものだ。

それにしても、開いたり閉じたりが何度もできるチャックシールの往復システムを、片道しか使わないぜいたくさ。モッタイナイ。

一度開けたら、それで終わり。

能力を発揮できないまま破棄されるチャックに申し訳ない。

 想定される一般的な消費量

食べ切るつもりで買ったお菓子の袋がチャックシール方式だったとき、メーカーさんから食いしんぼう判定が下されたようで切ない。
保存するのが前提のお菓子を、一度に全部食べてしまうわけだから。

メーカーさんが想定している一般消費者の食い意地具合を、私ははるかに上回っているということになる。
確実に食いしんぼうだ。

食べ終わったおやつ

食べ切りサイズにチャックは要らぬ。

食べ切る会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋
株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/
イグジットFacebook https://www.facebook.com/exit.dsk/

ブログの更新をSNSでお知らせ

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

写真集

よっしーinstagram https://www.instagram.com/yosshi_okka/

シェアする

コメントを残す