夏休みの最終日に慌てて読書感想文を書いたら自由研究と工作もやるハメになった話

読書感想文はこう書く!

世の中の関心が読書感想文に集まっている、夏休み終盤のこの時期。

「どの本にしたらいいのかわからない」
「なにを書いたらいいのかわからない」
わからないからとりあえず放置して、夏休み最終日を迎えるお子さんもいるだろう。

かくして「読書感想文の書き方」が検索され、「読書感想文教室」が盛況となる。
推薦図書を物色するため、図書館に駆け込む子もいる。

私も子どものころ、読書感想文に苦労した。
「どう書けば正解なのか」を探りつつどうにか書き上げた感想文は、当たり障りのないつまらない文章だった。

読書感想文なんて、もっと自由でいい。
読んだときの気持ち、その本に出合ったときの気持ちを素直に書こう。
学校の先生が喜ぶ「正解」を求めるから、文章が果てしなくつまらなくなってしまうのだ。

というわけで日ごろから自由にブログを綴るようになった私が、読書感想文を書いてみたのでご紹介したい。

自由な感想文の例

やばい!
長かった夏休みも明日で終わってしまう。
宿題はすべて終わらせただろうか。

ヒヤリとしながら確認してみると案の定、ひとつだけ宿題が残っていた。
よりによって読書感想文。

とにかくすぐに取りかからなくては。
と言っても感想文に適した本が手元にない。
あるのはこれだけ。

一番手近にあった。

幼児向けのこの本を選んだのは、そんないきさつからだった。
興味があるとか気に入っているとかではなく、たまたま。

表紙には、「ぜったいにおしちゃダメ?」というタイトルと謎の赤いボタンの絵。
禁止されるとかえってやりたくなる、そんな心理が働いてしまう表紙。
この赤いボタンはいったい何なのだ。

絵本を開くと、紫色をした謎の怪物が「このボタンをおしちゃダメ」とルールを念押ししてくる。
そのくせ中盤では「おしちゃったらいったいどうなるんだろう‥‥」とこちらの気を引き、あろうことか「ちょっとだけおしちゃいなよ!」となどと誘惑してくる。
最後まで「おすな」「おしちゃえ」の行ったり来たりで、ムズムズすることこの上ない。
フラストレーションがたまるばかりで、実にあと味の悪い絵本である。

幼児たちはページをめくるたび、紫色の怪物の誘惑にまんまと乗っかり、謎の赤いボタンの絵を押しまくるのだろう。
となると、この絵本は、いっそ仕掛け絵本にした方がいいのではないだろうか。

「押す」と言えば、「強く押す」の非常ボタン。
あのボタンを組み込んだ仕掛け絵本にするのだ。

(イメージ図)

冒頭で語られる「このボタンをおしちゃダメ」などというルールは即座に破られるに違いない。
この本が出版されて書店に平積みでもされたら、一番上のサンプル品がガシガシ押されるに決まっている。

やばい。
試作品を作りたくなってきた。
長かった夏休みも明日で終わってしまうというのに、これから課せられてもいない自由研究(あるいは工作)が始まりそうだ。

まとめ

これで400字詰め原稿用紙に軽く2枚分。
夏休みの読書感想文として適度な分量ではないだろうか。

どうだ。
読書感想文どころか、新たな自由研究(あるいは工作)が始まるではないか。

学校のスケジュールに縛られることのない長い夏休み。
そんなときぐらい思いっきり自由にすればいいのだ。

とは言え、これをコドモズに提案したら「こんなのダメに決まってる」とバッサリなんだろうな。

自由に書く会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋
株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/

Instagram

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください